ポッカリと空いた心は遺品整理で埋める|蘇る故人との思い出

男の人

詳細を把握してから造る

女性

ある程度の歳を重ねてくると、そろそろ墓石の準備が必要だと感じるようになるものです。また、大切な人の為に用意しておきたいという人もいます。墓と一口に言っても、その種類や広さ、形状などで価格は大きく変動します。価格を気にせず豪華な墓にしたいという人もいれば、なるべく低価格の墓が良いという人もいるでしょう。入る墓で人の価値は決まりませんが、安いと言っても最低60万程かかります。ですので、激安価格というほどの値引きは期待できません。墓は様々な内訳から成り立っています。土地の利用料や管理費、墓石や工事費などが一般的でしょう。価格をあまり高くしたくないのであれば、一つ一つの内訳を抑える必要があります。しかし、都心では難しい事かもしれません。大切な人の墓なら、ある程度の出費は惜しまないことも大切です。

墓石にもデザインが色々とあります。自分が入る為の墓なら好き勝手に決めても良いですが、人の為に建てるのであれば相手の意見を尊重するようにしましょう。主に和型と洋型の二つに分けられます。簡単に説明すると、和型は縦に長い造りとなっており、洋型は低くて安定した造りだと言えるでしょう。家名や宗派を彫刻しやすいという理由で和型を選ぶ人もいますし、掃除がしやすくて地震にも強い洋型に魅力を感じる人もいます。これに関しては家系の問題も出てくるので、親族で決めていくと良いでしょう。また、墓石の呼称は10個以上あり、それぞれのパーツを覚えておくことで墓造りもスムーズに進むのではないでしょうか。