ポッカリと空いた心は遺品整理で埋める|蘇る故人との思い出

男の人

コスト削減する方法

墓地

東京都内にお墓を設けるとなると、それなりの価格を覚悟しておかなくてはなりません。やはり都内は物価が高く、それはお墓に関しても言える事です。まず、お墓を建てるとなると、その場所の土地料を支払う必要があります。また、その土地を管理している人には管理費を支払います。地方に比べると、一つ一つの価格設定が高い傾向があるので総額も高くなります。高いお墓を希望していない場合、墓の種類や広さ、それから墓石のデザインや形状などのグレードを下げると良いのではないでしょうか。土地料や管理費は最初から決まっており、大きく変動する事は少ないです。ですので、削減できるところをしていくのが一番なのです。

お墓を建てる際の土地料は、別名で永代使用料とも言われています。これは霊園によって変わり、たとえ同じグレードの墓だとしても建てる場所によって価格が変動するでしょう。霊園は主に公営や民間、寺院や共同など4種類あります。また、土地の広さによって墓石の大きさが変わってくるので、たとえ都内でも低価格に抑えたいのであれば土地の広さに気をつけましょう。そしてデザインや形状などに関してですが、どんな装飾をするかによっても総額に違いが生じます。もちろん、たくさんの装飾で派手な仕上がりになればなるほど、グレードの高い墓だと認識されます。価格については業者と共に決めていくと安心でしょう。最初に問い合わせをして希望を伝えることで、予算などを見積もってくれるはずです。