ポッカリと空いた心は遺品整理で埋める|蘇る故人との思い出

男の人

流れを知って正しく行う

お葬式

人はいつか亡くなるものですが、タイミングはバラバラです。病気になって若くして病院で亡くなる人もいれば、寿命を迎えて自宅で眠るように亡くなる人もいるでしょう。病院の場合でも自宅の場合でも、その後に行う葬儀の流れは同じです。病院で亡くなったら遺体を自宅に運びますが、自宅の場合はそのまま業者に連絡します。納棺や装飾を済ませた後は通夜を行います。通夜が終わると、次は葬儀や告別式に移ります。遺体の火葬が終わるまで待ち、親族を中心に骨上げを行うでしょう。遺族はバタバタと忙しい状況になりますが、大切な故人の為にも事がスムーズに運ぶように努めます。少し落ち着いてから遺品整理などを行うのが一般的ですが、まだ精神的に参っているならこれも業者に依頼すると良いです。大阪を始め、東京などの都会には業者の数も多いです。適切に判断して整理を手伝ってくれるでしょう。

葬儀が終了して一週間が経つと、初七日法要があります。葬儀が終わってから再度集まる事になるので、精神的にも体力的にも負担がかかるものでした。しかし、大切な法要ですので、きちんと守る必要があったのです。最近では、その法要にも変化が起きているようです。新たに繰上げ初七日と呼ばれ、一週間後ではなく葬儀と同日に行えるようになったのです。都会でも田舎でも適応しており、大阪や東京では一般化が進んでいます。これにより、遺族を始め、多くの親族の負担が大きく軽減されたと言えるでしょう。これは決して無礼な事ではなく、法律で許されている事なので安心して行うと良いです。もちろん、今まで通り一週間後に行っても問題ありません。